がん専門薬剤師とは?

がん専門薬剤師になるには薬剤師としての実務経験が5年以上ある事が必要となります。がん専門薬剤師とはがん領域の薬物療法など高度な専門知識を必要とし平成22年5月14日付でがん専門薬剤師として認められた資格です。がん専門薬剤師は大学で薬学部を学び薬剤師の資格に合格しさらに大学院にてがん専門薬剤師になるために学ぶ道もあります。薬剤師としての実務経験が5年必要となりますので、薬剤師としてお仕事をしながら取得するのが近道です。いずれにしてもがん専門薬剤師は簡単ではなく難易度は薬剤師国家試験よりも高いと言われています。

 

がん専門薬剤師はがんの薬物治療にかかわることになります。がん治療は抗がん剤、放射線治療を行いがん細胞を死滅することを目的とします。患者様には副作用がきつくでる事となり和らげる管理をするのががん専門薬剤師のお仕事内容となります。医師の指示を見て患者さんの体調や患者さんにあった抗がん剤治療、また副作用のことまで適切な判断が必要となります。

患者さんの体力など健康状態えおみて抗がん剤の量や点滴の速度も看護師に指導しなければいけません。ときには患者さんに直接抗がん剤をはじめるにあたっての説明、副作用の説明、日常生活の指導もがん専門薬剤師が行います。がん患者さんとご家族様を安心させてあげるのもがん専門薬剤師の大切な役目です。

薬剤師 転職